サーチエンジン 登録 Maruru Search
ACCESS RANKING**

スポンサーサイト**

--
--
--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。

過払金が発生する理由。**

2008
06
28
Sat
過払い金とは、借金の返済が終わっているにもかかわらず、それに気づかず消費者金融に返済を続けていた為に発生する、"払いすぎた"お金の事です。
銀行などの借入れでは考えにくいことなのですが、消費者金融からの借入れの場合、過払い金が発生しているケースがほとんどだと思います。


ならば、どうして過払い金が発生するんでしょう・・。
それは、ほとんどの消費者金融が設定している金利が法律(利息制限法)に違反した高金利だから。


消費者金融の場合、過去に返済したお金のほとんどが金利分に充てられてしまうので、表面上は借金がなかなか減らないようにみえます。でも法律上有効な借入れ(利息制限法)として考えると、実際の残高はどんどん減っているのです。そして、今まで支払ってきた法律に違反する金利(グレーゾーン金利)の部分に充てられた余分なお金は、元本の返済に充てることができるハズ...。

以上を基本にして考えてみると....。


「消費者金融の計算上では借金は残っているけれど、法律上有効な借金はすでに返済を終わっている。」という状況になります。
でも消費者金融側からすれば借金が残っているので、消費者金融は毎月返済を請求し、借りている側は、過払い金が発生していることを知らずに返済をしてしまう...。


これが過払い金の発生する始まりであり、仕組みです。


一般的には取引の期間が長いほど、過払い金が発生する可能性が高くなります。そして、払う必要のない金利分に充てられたお金が長年の間に積み重なって、大きな金額になっていることがあります。実はその分を借入れの元本の返済に充てることができる。。。なので、払いすぎた分は正々堂々と「返してください!」と言う権利が誰にでもあるのです....。






スポンサーサイト

もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。

グレーゾーン金利とは?**

2008
06
29
Sun
現在、貸金の利息を制限している法律には、「利息制限法」と「出資法」の2つがあります。


「利息制限法」は、貸金の利息について貸付た金額ごとに定められています。


1. 10万円未満 → 年20%
2. 10万円以上100万円未満 → 年18%
3. 100万円以上 → 年15%


この上限を超える利息については、法律上無効となります。
でも罰則がないので、今まで上限金利がほとんど守られていないのが実情でした。


そしてもうひとつの「出資法」。
こちらも、利息の上限利率を規定した法律ですが、利息制限法と違い違反すると罰則があります。金融業者などの債権者が借主に対して、将来支払えなくなるような無謀な利率を設定しないようにしたものです。
(今現在は、出資法で定められている上限利率は29.2%(年)ですが、この利率は時代と共に変化してきました。)


「出資法」は借入金額にかかわらず一律で上限利率が定められています。


【年度】 出資法
1954~ 109.5 %
1983.11.1~ 73 %
1986.11.1~ 54.75 %
1991.11.1~ 40.004 %
2000.6.1~ 29.2 %


「出資法」には金融業者に対する罰則が設けられているので、29.2%の上限金利は一般的に守られてます。



つまり....。


「グレーゾーン金利」とは、そんな「利息制限法」と「出資法」の2つの罰則の無い間の利息のことを言います。


利息制限法の上限以上の利息は法的には無効とされる利息なハズですが、利息制限法には罰則が設けられていないことをいいことに、サラ金やクレジット会社は任意に支払うなど一定の条件を満たす場合(みなし弁済)に限り有効な規定を悪用しながら、出資法の上限すれすれの「グレーゾーン金利」で融資してきました。


グダグダと書きましたが・・(笑


「グレーゾーン金利」について、わかりやすく一言で言うと。


「罰則のない利息制限法の金利以上であり、罰則のある出資法で定められている金利以下。」という法律スレスレのちょっぴりズルい金利のことなのです(笑。

もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。

過払い金返還請求の手順(1)**

2008
08
30
Sat
こんにちわ。 久しぶりの晴れ間に、お洗濯しまくりのこはるです(笑。


今日は、「過払い金返還請求の手順」の流れを書いてみようと思います。


「よしっ!過払い金の請求をしよう!」って思ったとしても、


「さて・・?何からしたらよいの?」....まずそこで挫折しそうになりますよね。。


---------------------------------------------------------------


[過払い金回収マニュアル] サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法[過払い金回収マニュアル] サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法
(2006/12/01)
名古屋消費者信用問題研究会

商品詳細を見る
こはるが初めて手にした過払い金返還のマニュアル本です。挿絵入りで楽しく説明してくれる場面もあり、初心者にもとてもわかりやすい一冊です。とりあえず流れを把握したい方にお奨めです♪

---------------------------------------------------------------


こんな本でお勉強するのが、本当は一番の早道。


でも、読んでも読んでも、どーしても理解できないことが、出てきます....。
(↑こはるだけ???)


そんなとき、他の過払いをがんばっている方たちのBLOGを渡り歩いて
いると、ステキな情報を得られることがあります。
おまけに、一緒にがんばっているw っていう勇気ももらえる・・・♪


あくまでこはるの場合ですが、これでうまく乗り切ることが出来ましたょ。




(;゜ロ゜)ハッ。。。。




前置きが長くなりました(汗




早速、簡単に「過払い金返還請求」までの手順を紹介します。




1) 取引があった金融会社さんへ連絡し、取引の履歴を送ってもらう。


契約書や領収書やカードなどなど・・・。もちろん、手元にあればいろんなことが順調に進みます。でも無くても大丈夫。たとえ、取引していた支店さえもわからなくなってしまっていても「借りていた」という確かな記憶があるなら、早速その金融会社さんへ連絡してみましょう♪
連絡先は、各社それぞれに、個人情報を開示する専門の担当部署があるはずなのですが、わからなければ、本店、支店。サービスセンター。どこでも良いです。「取引履歴を貰いたい」と言うことを伝えてみてください。ちゃんと担当部署を教えてくれます。
たらいまわしされるのがお嫌な方は、各金融会社さんのホームページで調べましょう^^(大手であれば大体HPを持っています。)
よ~く探すと、「個人情報開示について」っていうページがあるはず。そこに直接連絡を入れれば一発OKです♪


そして請求してから大体3週間ほどで、手元に取引履歴が送られてきます。
もし、それでも送られてこないようなときには、もう一度連絡を取り、いつまでに送ってもらえるのか確認をしてみてください。
履歴を開示する、という行為は、利用者の権利として認められています。
胸を張って、言ってくださいね♪


ただ、まれに何度も開示を拒否したり、取引の途中からしか履歴を開示してくれない金融会社さんもあるようです・・・。
そんなときはまた別の対応がありますので、まずは、取引の履歴を開示を求めることが先決です。


がんばりましょう~♪


2) 取引履歴から法定利息での引き直し計算をする。


初めて手にした取引履歴・・・。
過去のものならなおさらですが、借入当初から見直していくと、無性に懐かしさがこみ上げてきます。
「ぁぁ。このとき、苦しかったっけなぁ。」 とか「あ、これは、パチンコで大負けして悔しくて借りてしまったときだ(恥。」とか^^
そんな、甘酸っぱい思い出に浸りながら(笑、ソフトを利用して、法定利息(18%)での引き直し計算をします。"引き直し計算ソフト"は上で紹介した本にも添付されていますが、「引き直し計算 ソフト」などで検索すると、結構ネット上でも公開されています。無償のものや有償のもの。色々ありますが、ご自分の判断で良いと思うものをダウンロードしてお使いくださいね。


また、どーしてもパソコンが使えない!難しい!わからない!という方は・・
かなり時間はかかりますが、全て計算機一つでも引き直し計算は可能です。
その方法も、上の参考本に書かれていますので、ぜひご一読くださいませ♪


それから、取引履歴開示の段階で、一部しか開示してもらえなかった場合や、まったく履歴を送ってもらえなかった場合・・・・。そんな時の「推定計算」や「残高0計算(履歴の一番最初の残高を0にして計算する方法)」などもありますが、それはまた追って紹介させていただきます...。




引き直し計算が終了して、払いすぎた金額を目にしたとき。


あのときの苦しい思いはなんだったんだろう。


承知で借りていたといわれれば、それはもちろんそうなんだけど。
法律で定められた金利があるのを知りながら、グレーゾーン金利っていうズルい金利で貸し続け、グレーゾーン金利が法律で廃止になることを知りながら、それを教えてくれることもしないで、グレーゾーンのままの返済金額を受け取り続けるなんて....。こはるはゆるせないのですょっ~!
引き直し計算に赤字で表示された(ソフトの場合^^)過払い金の金額を見ると、本当にえもいわれぬキモチに襲われることと思います・・・・。










おっと^^; こんな時間~~;; わんこの散歩に行かなくては(汗




書き出すとついつい長くなってしまうのがこはるの欠点・・^^*




続きはまた後日・・・。 |;´・ω・`|ゞ スンマセン

もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。

過払い金返還請求の手順(2)**

2008
09
01
Mon
こんにちわ。。^@^ 先日に引き続き、
過払い金返還請求の手順について書いてみたいと思います。


過払い金返還請求の手順 その2です♪


3) 過払い金を請求する。


取引履歴を手に入れ、それをもとに引き直し計算をし....。
払いすぎていることをしっかり確認できたら、次のステップは「金融会社さんへの過払い金返還請求」です。送られてきた取引履歴に記載してある"担当部署"。その担当部署あてに請求書を送付します。
請求書の書式などは、先日初回したマニュアル本にももちろん添付されていますが、ほかの過払い仲間さんの中で、掲載してくれているBLOGさんもありますので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

こはるは、ほとんどが皆さまのものを参考にさせて頂きましたので(笑、ここに掲載するのは控えさせていただきますが、日ごろお世話になっているお奨めBlogさんをご紹介させていただきます~♪


------------------------------------------------------------------

"取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求"
こはるが、過払い請求を一人でがんばってみよう!って、まじめに背中を押されたような気がしたBlogさんです。管理人のルパンさんのお人柄が、とても多くの方の信頼を集めていらっしゃいます。こはるも大好きです(*´ェ`*)。実際にルパンさんが使用した書式や経験談も盛りだくさんで、とてもとても参考になります。
"過払い金返還請求!~裁判なんて怖くない~"
管理人:塞翁さんの、これまた情報満載の過払い請求をがんばるBlogさんです。ルパンさんのBlog に並び、こはるが力を貰うことのできる場所です。最近まで休憩されていましたが、またまた復活されたことが嬉しくて、かなり頻繁に伺っていますが...(笑。管理人の塞翁さんはとても気さくな人柄で、いつも快く迎えてくださいます。ありがとう♪
書式・対応策・体験談ともに情報量が多く、初心者さんにもわかりやすく説明をしてくださっています。

------------------------------------------------------------------


作成した請求書は、郵送で送ります。一番確実なのは"内容証明"なのですが、色々な規制があるので面倒くさいです(汗。なのでこはるは、配達証明を付けて送りました。あと、FAXなどで送信してもかまわないと思います。


作成した請求書を送ってから数日・・・。向こうから連絡をくれることはまれですので、到着した頃を見計らってこちらから連絡を入れてみてくださいね。
ここからが、電話交渉..。ということになるのですが、この請求書の送付のみで過払い金を支払ってくれるかどうかは、金融会社さんの方針によってさまざまなので、なんとも言えません。。
ある程度最低の和解金額のライン^^;みたいなものを心の中に決めて交渉したほうが、担当者さんの言い回しに流されること無くお話できると思いますょ。
どうしても応じてくれない。でも裁判には持ち込みたくない。....と言う場合は、和解の希望額を減額してあげるって言うことも一つの方法だと思っています。
金融会社さんの提案してくれた和解案で納得できるのであれば、それはそれで大成功なんじゃないかなって、こはるは思うのデス...。


ここで、「やっぱりちゃんと希望額返してくれなきゃ嫌っ!」と思う方は、次のステップの訴訟提起をしよう♪に進みます。


4) 訴訟提起をしよう。


請求書を送っただけでは過払い金を支払ってくれないときは、「過払い金返還請求訴訟」を提起します。つまり、裁判を起こすっていうことです。
「ぇぇ~??個人で裁判?? 無理~」って思われるでしょうが、そんなに難しい裁判では無いんです。今、この過払い金についての裁判は頻繁に行われていますし、ある程度専門知識を見につければ怖いことなんてありません♪
だって・・・・。こはるができたんですから vv
ネット上には、たくさんの過払い仲間さんもいらっしゃいますし、きっと力になってくれることと思いますょ。 (頼りないけど、こはるもここに居ますし( ̄m ̄* )ムフッ)


ここで もう一冊お奨め本のご紹介。


---------------------------------------------------------------


Q&A過払金返還請求の手引 第3版―サラ金からの簡易・迅速な回収をめざしてQ&A過払金返還請求の手引 第3版―サラ金からの簡易・迅速な回収をめざして
(2008/06)
名古屋消費者信用問題研究会

商品詳細を見る
2冊目に購入した、話題のQ&A本です。これはちょっと専門的な内容が多いですので、ちょこっとだけ過払い請求について知識をもたれた方にお読みいただけると最強のマニュアルだと思います。

---------------------------------------------------------------



この段階まで自分でがんばってからでも、専門家に頼むのは遅くないと思います。ある程度自分の状況を把握できますし♪♪ そのほうが安心だったりもします♪(あくまで、こはるの性格上...ですが^^;)




訴訟を提起するには、訴状を作成したり、法務局に出向いたり、郵便局で印紙や切手を購入したり。一日もあれば済む作業ではありますが、いくつか面倒くさい作業がありますが、それはまたの機会に・・。





「過払い金返還請求」のおおまかな流れはこんな感じです。


何事も経験v 自分が背負ってきた借金ですもの。
すこしの努力で取り戻せるチャンスが目の前にあるんです。


尻込みせずに、がんばってw





またまた長くなりましたね~~(笑


いつも最後まで読んでくれてありがとう♪ 


"はぐはぐ"しちゃいます~(*´σー`)

もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。

正々堂々と「返して!」と言う為に。**

2008
09
03
Wed
こんばんわ^^
なんだか最近、毎日のように頭痛の悩まされているこはるです。。


おかしいな~と思ったら、どうやら親知らずが芽を出している様子。


嫌~~~っ(泣!!


歯医者さんはだいっきらいなので(歯医者さんゴメンナサイ)、治療台に上った自分を想像するだけで身震いしてしまいます・・・;;




ところで、今日は、過払い請求の電話交渉をするときの心構え。というか心の準備。というか...。ちょっとでも勇気に繋がることについて、書いてみようと思います。。





心構えその1) ほんのすこしだけでもいいんです。勉強しよう♪


いつも、何度もしつこくて申し訳ないのですが....(笑。
「払いすぎたお金を返してもらることは、借り手側の当然の権利です。」
現在は、頻繁に"過払い金返還請求"の裁判が行われているので、こちら側に有利な判決もたくさん出ています。なので、借り手側から「返してくれ!」と言われたら、支払いを拒否する事はほ不可能な状況になってきています。
金融会社も、そういう立場にあることを十分に知っているので、勇気を出して請求書を送付し、ビクビクしながらでも電話で交渉してみると・・・・。なんだかんだ言いながらも和解しようという方向に進めてくるので、ちょっとびっくりします。
ただし、個人での請求ということで、電話交渉の時点では和解額は相当低めだと思います。「払わないことはありません。ただし、希望額は無理です。○割りまでしかお支払いできません。」...みたいな。。。。
これはこはるが思うに、どれくらい知識があるか試しているような気がします。「どうせ個人じゃ裁判は無理だから、これで納得してくれればいいな♪」ってな感じです。
そんなとき、やっぱりすこしの知識があったほうが、惑わされることなく、ひるむことなく立ち向かえるんじゃ無いでしょうか。。。
まれに悪質な業者だと、支払う必要のない債務を作り上げて請求してくるところもあるそうなので要注意ですが・・(怖っ。こんなときはもっと専門的にお勉強するか、専門家にお手伝いをお願いするのも手です。




心構えその2) 怖いけど、がんばろう♪


でも相手はあの・・いわゆる・・サラ金さん。怖くないハズないですよね。。
誰だって、何にも知らなければ怖いです。 私も怖かったです。
現に、金融会社さんによっては、うまく言いくるめてしまおうという策略を感じるところもあります。知識が無ければ、「はぁ~。そっかぁ。」「そういわれてみればそうかも。」なんて、ついつい思ってしまいがち。そうなってしまうと、あちら側の思う壺です。
でもすこし知識をつけた事で「それは違う。」としっかり思うことが出来るし、あちら側の出方を余裕を持って待つことができる。これはかなり、大きいです。


一つだけ言えるのは、「ふ~ん。簡単なのね♪」と知識を得ることもせずに安易に請求をしてしまうのは危険だということ。。。
サラ金さんと言えども、こちらよりは知識は十分にあります。そのままでは負けです。もしかしたら過払い金すら返してもらえないかも!!
そんな状況を避ける為にも、本や過払いブログさんで勉強することはとっても大切です♪


あ。それから、"怖い"と言っても 「てめーこのやろー!」
...みたいな言動は決してありません(笑。 対応はとても丁寧な方が多いですvv ご安心を。。


--- 電話をするときの注意点 ------------------------------------


① キモチを強く持つこと。
② ある程度知識をつけてから電話すること。
③ 反論や言い争いは避ける。
④ 言いくるめられない。意味がわからないときは和解しない。
⑤ にっちもさっちも行かないときは、「提訴します」と言ってしまいましょう。


--------------------------------------------------------------



大体でいいんです。難しいことも結構ありますが、壁にぶつかった時にその辺を重点的に勉強しても遅くないですし、相当に難しければそこから専門家さんにお願いすることだって出来ます。
最初から余り気負わず、ゆるりといきましょう~♪





次回は、もうすこし掘り下げて書いてみようと思います。


こはるも復習&再確認しながら、自分の為にも書いているので、
もし間違っていることがあれば遠慮なく横ヤリ入れてくださいまし・・・^^;


もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。
 | HOME | Next »
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



もっと見る!











edita.jp【エディタ】

あわせて読みたいブログパーツ





検索エンジン
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
スカウター : 小春日和**
track feed


The Search 検索エンジン
ページランク

フィードメーター - 小春日和**
読者の滞在時間が見れる


freeRSS.net


**こはる家の借金合計額**


2008年8月22日現在


1,672,553円
(元金のみ)


>>内訳<<


【OMC*夫】
残債務:813,984


【レイク*夫】
残債務:816,882
8/22)全額返済
残債務:0


【JCB*こはる】
残債務:858,569


【武富士*こはる】
682,509
6/24)訴状提出済払停
7/24)取引終了
残債務:0
    
**過払い金返還請求**


2008年10月5日現在


約3,785,846円
(計算上の予定総額)



約3,165,918円
(返還確定の和解総額)



>>内訳<<


【レイク(完済済)*夫】
756,970


【アイフル(完済)*こはる】
551,597
6/9)請求書送付
6/16)訴状提出
7/17)第一回公判日
和解成立!!
(和解額:560000円)
8/29)入金予定日
8/12)入金確認
終了!


【武富士(取引有)*こはる】
747,990
6/25)訴状提出
7/24)第一回公判日
和解成立!!
(和解額:690000円)
10/17)入金予定日


【武富士(完済)*夫】
1,347,278
6/9)請求書送付
6/25)訴状提出
7/24)第一回公判日
和解成立!!
(和解額:1500000円)
10/17)入金予定日


【ライフ(完済)*こはる】
382,011
6/25)請求書送付
7/24)訴状提出
8/27)第一回公判日
8/6)電話交渉にて
和解成立!!
(和解額:415,918円)
8/25)入金予定日
8/21)入金確認
8/22)取り下げ書提出
終了!
    
  **お気に入りBLOG更新情報**


List Me♪


↑ping送信先::
http://www.blogpeople.net/ping/
    
    
      **cbist::**



Powered by cbist::
    
 **Pingoo登録ブログ生中継**



    
**TAGCLOUD**


    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。