サーチエンジン 登録 Maruru Search
ACCESS RANKING**

スポンサーサイト**

--
--
--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。

そんな事してブラックリストに載らない?**

2008
09
07
Sun
こんばんわ^^
今日は土曜日なので夜更かししています。
まだ眠くならないので、ちょこっと更新w






そうそうv


今日は、"ブラックリスト"について、書いてみようと思います。


ブラックリストに載るかどうか。ついては、
こはるも過払い金返還請求に踏み切るときにとても悩みました。



でもウチの場合、これからお家を買いたい!っていう目標があるので、なんとかこはる夫の信用情報には傷をつけたくない・・・・。
そんな理由から、一度過払い金の請求をあきらめかけたことがありました。
特になにか大きな買い物をする予定が無い場合は、そんなに気にする必要は無いのかもしれませんけど、  でも、これ。 結構重要ですよね。。


また借金こさえる気かーーーー! 」ってお叱りを受けそうな気もしますけど;; |;´・ω・`|ゞ スンマセン


実家に越してきた一番の理由は、マイホームの夢「絶対!庭付き一戸建てw」をかなえるため。 東京じゃぁ、よっぽどがんばらないとムリですもん。


でもこはる夫婦では、田舎でもよっぽどがんばってもムリ!ってことがわかりました(泣。 なぜかって、消費者金融に借金があったから。。。
だいぶ金額が減っていたとはいえ、そういうところから借入しているひとに銀行だって大金を貸したくないでしょう。わかります。


そんなことにも気付かなかったなんて。。わたしたちは浅はか過ぎでした。


まだ終わるメドもついていなかったし、「ムリだーーーー」なんて腐っていた頃に、この過払い金返還請求に事を知ったんです~。
もう、もう、目からウロコですょ。 
今までの苦労を取り戻せる!って^^
すぐに飛びつき勉強を開始しました♪


でも、やっぱり気になるのは"ブラックリスト"です。


幸い、こはるは実家に越してきてからというもの、ずっと専業主婦(パートはあり)ですし、今の状態では、こはる一人の力でクレジットカードを持つこともローンを組むことも出来ないでしょう。。。
....だからこはるひとりの分については、問題なし^^


そこで、とりあえず、自分の分からはじめることにしました。


初めて履歴を請求したのがアイフルさん。だったかな・・?


平行して情報収集やお勉強を続けていましたが、「完済後の過払い請求は事故情報に載らない」っていう書き込みを、あるブログさんで見つけてしまったんです。。


もしそれがほんとなら、チャンスはまだある!って思いました。


ブラックリストについてQ&A本などでよくよく調べていくと・・・。


①個人の信用情報を収集して作成しているデータベースにブラックとなる事故情報が掲載された状態を、俗に"ブラックリスト"と言うだけで、それらだけを別個に集めたようなリストは存在しない。
(ブラックとなる事故情報として、支払いの延滞・弁護士などによる債務整理・保障会社などが代位弁済した事実、個人の破産・民事再生・特定調停の申立て。などがある)


②ブラック情報を保管される期間は5年ほど。


③ブラック情報が記載されると、一般的に債務の返済能力に問題があるとみなされ、与信審査が通りにくくなる。



::新しいクレジットカードが作れなくなる。または現在利用しているクレジットカードを返済しなくてはいけなくなる可能性もなきにしもあらず。(この辺は金融会社の判断によるみたいです) 
::ローンを組んでの大きな買い物が出来なくなる。現金払いならもちろん可。でも、現在ある住宅ローンや自動車ローンなどが一括返済を求められたり、現物を引き上げられたりするようなことはない。
(返済が滞っていればまた別の話ですが...)
::アパートの賃貸などにも問題はない。ただし、クレジットカードなどを利用して家賃を支払う場合、カードの審査が通らないことを理由に賃貸契約を断られる可能性はあり。
::その他、自動車免許の取得や更新。国民健康保険の加入。生命保険への加入。国民年金の支払い。職場の退職の勧告。住民票や個性への記載。これらについてはまったく支障なし。



④ブラック情報が記載されても、日常生活に支障をきたすことはない。






ふむふむ・・・・。だいぶ勘違いしていたことが多かったみたいです。。。。
こはるは、"ブラックリスト"っていう、支払いの悪いヒトや借入の多いヒト、その他問題のあるヒトだけのリストが存在するんだと思っていました・・・・(笑。



そして、ココからが本題。




過払い金の返還請求をすると、ブラック情報に記載されるのか?? ということです。



答えは、YESでした(汗



Q&A本によるとこんな風に書いてあります。


"過払い金の返還請求をした場合、信用情報機関のデーターベースに、「債務整理」又は「契約見直し」の登録がされる可能性がある。"


とのことでした。。。。。。。


でもよく考えてみると、過払い金返還請求は正当な権利であるはずですし、それに残った債務もなくなったはずなのに、どうしてブラックにそんなことを記載されなくっちゃいけないんでしょう。ちょっと変な話ですよね~~。「完済」じゃダメなんでしょうか・・・p(`ε´q)ブーブー


一般に、過払い金返還請求は債務整理の一環と見られていたので、平成19年9月までは「延滞」とか「債務整理」という情報が登録されてきたみたいですが、平成19年9月3日以降は信用情報の登録の見直しが行われて、「契約見直し」とだけ登録されるようになったもよう・・♪


でもこれだと、ローンを組むときに銀行さんなんかに照会されたとき....。
やっぱり良い結果にはならないような気がします;; 
貸すか貸さないかはそれぞれの業者の判断になるんでしょうけど。。うーん・・かなり危ない橋になりそうです(笑





そこでこはるはまた発見してしまいましたw





債務完済後の過払い金返還請求!!」



"すでに契約が終わっている(完済している)金融会社への過払い金返還請求については、登録すべき情報項目が無いため、ブラック情報への記載はされない"


きゃーーっ。 これですょ。これっ♪ もぅ、これしかないですっ。


そうだったんですねぇ。。。


要は、契約開始時や契約中に金融会社側で行われている「信用情報の照会や情報の登録」が、契約を完済・完了することにより、出来なくなる。


だから、完済して契約を解除した後なら、過払い金返還請求をしても情報を書き換えることが出来ないってわけなんですね~~。納得デス。


ただ、注意しなくちゃいけないのは、解約したって思っていても、完済しただけで契約はそのままになっている場合もあるみたいなので、その辺をしっかり確かめないといけないです。
クレジットカードなんかで、残高がゼロでも、いつでもお買い物できたりキャッシングできたりする状態であれば、契約解除とはなっていません。

そのままの状態で、過払い金返還請求をした場合には、「契約見直し」の文字が、信用情報に記載されてしまうことになります。


GO!する前によーく確認してみてくださいね。


あと、完済&解約をしてすぐ請求!・・って言うことは避けたほうがよさそう。
金融会社さんによっては、毎月まとめて信用情報を更新するところもあるみたいなので最低1ヶ月は様子をみてからにしたほうが良いみたいです。
まだ、契約が終わったっていう情報が登録されていないうちに過払い金の返還請求を行ってしまうと、やっぱり「契約見直し」の文字が記載されてしまうことになりかねませんものっっ><


こはるは、この「債務完済後の過払い金返還請求」で、こはる夫のレイク・OMCの過払い金を取り戻して行こうと企み中なのでございます(汗。



先日レイクさんの支払いを終えて、解約したばかりなので 現在は小休止^^



もっぱら、みなさんの応援側に回りたいと思っています♪♪



ブラックに記載されるのを避けたい方は、この方法で過払い請求を考えてみてはいかがでしょうか・・?





それにしても。



こはるはブラック上等vv っていうキモチで契約中の金融会社さんへ過払い金返還請求をし、和解をしているのですが。。。
一向にクレジットカードが使えなくならないのですょ。


生活費のほとんどをクレジットカードで支払っているからなのかなぁ。
(電気代。携帯&電話料金。プロバイダの料金。生命保険。その他もろもろ。)


もちろん、今は一括オンリーですw



うわー。 今日も長い^^
いつも読んでくれてありがとう♪











深夜更新のこはるでしたっ。


一気に書いたので・・・・目がっ。  目が~~~~(笑



寝ます v
スポンサーサイト

もっと見る!
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
お好きなバナーをclickしてくれると、こはるが小躍りします(笑。
Loading


どっとえとさん^^
コメントありがとーーー。

そうなんですよぉ。こはるも勉強して初めて知ったことがたくさんです♪
いつも応援ありがとうw

こはるもまたうかがわせていただきますねv
塞翁さん^^
こんにちわっ。

そっかそっか。 消費者金融系、クレジット系、銀行系に分かれるんですね~。
また一つ勉強になりました♪

だからこはるのクレジットカード、まだ使えるんですねぇ。
びっくりですょ^^

社内でのブラックになるっていうのは、なんとなく判る気がします。
だって、もう二度とその人に貸したくないですもんね。。
こっちが悪いってわかっていても、やっぱりこはるも荘思うとおもいますもん・・・(笑

いつもありがとーw

姐ぇさんは、嬉しいです♪
おはようございます(・∀・*)
勉強になります~!でもちょっと難しい・・・
今のところ私には借金とかないのですが、実家には結構あるようなので、もしかしたらこういう知識も必要になってくるのかなぁと思いながら読ませていただきました。
応援して帰ります|´▽`)ノ
こんちわ、姐ぇさん。

消費者金融系がブラックでも、クレジット系銀行系はブラックになりません。
理由は、消費者金融系、クレジット系、銀行系それぞれ
照会する情報機関が違うからです。
ですので、塞翁も消費者金融系は、ブラックですが、クレジット系銀行系は今でも使えます。
それと、完済していても、一度過払い請求した会社には
今後2度と借入れする事はできません。
ですから、今後借り入れすることがある場合は、借り入れした事が無い金融屋でしか、
借入れできません。

みんな知らないと思いますが、おっそろしいことに
過払いした人は、データが会社内に残っています。
お~恐ろしいです。
              














管理者にだけ表示を許可する


TRACKBACK**
Q.債務整理共通のデメリットとは? A.いわゆるブラックリストに登録され,その後の借入れやローンを組むことが等が難しくなる。 ...
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



もっと見る!











edita.jp【エディタ】

あわせて読みたいブログパーツ





検索エンジン
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ
スカウター : 小春日和**
track feed


The Search 検索エンジン
ページランク

フィードメーター - 小春日和**
読者の滞在時間が見れる


freeRSS.net


**こはる家の借金合計額**


2008年8月22日現在


1,672,553円
(元金のみ)


>>内訳<<


【OMC*夫】
残債務:813,984


【レイク*夫】
残債務:816,882
8/22)全額返済
残債務:0


【JCB*こはる】
残債務:858,569


【武富士*こはる】
682,509
6/24)訴状提出済払停
7/24)取引終了
残債務:0
    
**過払い金返還請求**


2008年10月5日現在


約3,785,846円
(計算上の予定総額)



約3,165,918円
(返還確定の和解総額)



>>内訳<<


【レイク(完済済)*夫】
756,970


【アイフル(完済)*こはる】
551,597
6/9)請求書送付
6/16)訴状提出
7/17)第一回公判日
和解成立!!
(和解額:560000円)
8/29)入金予定日
8/12)入金確認
終了!


【武富士(取引有)*こはる】
747,990
6/25)訴状提出
7/24)第一回公判日
和解成立!!
(和解額:690000円)
10/17)入金予定日


【武富士(完済)*夫】
1,347,278
6/9)請求書送付
6/25)訴状提出
7/24)第一回公判日
和解成立!!
(和解額:1500000円)
10/17)入金予定日


【ライフ(完済)*こはる】
382,011
6/25)請求書送付
7/24)訴状提出
8/27)第一回公判日
8/6)電話交渉にて
和解成立!!
(和解額:415,918円)
8/25)入金予定日
8/21)入金確認
8/22)取り下げ書提出
終了!
    
  **お気に入りBLOG更新情報**


List Me♪


↑ping送信先::
http://www.blogpeople.net/ping/
    
    
      **cbist::**



Powered by cbist::
    
 **Pingoo登録ブログ生中継**



    
**TAGCLOUD**


    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。